最新のサービスを知ろう|葬儀をする心得とは

女性

基本的なお葬式の流れ

花

一般葬や家族葬の仕組み

お葬式は家族や友人・知人との最後のお別れのセレモニーです。お葬式には基本的な流れがあります。座間市でお葬式をする場合ですが、まず最初にお迎えがあります。そして、その後にあるのが、遺体安置→納棺→通夜→葬儀→告別式→火葬です。これらの一通りの段取りは、すべて座間市にある葬儀社のスタッフがサポートしてくれます。ただし、どこからどこまでサポートしてくれるのかは、葬儀社ごとに違うので注意が必要です。座間市の葬儀社に依頼するときには、その辺をしっかり確認しておくことで、あとで後悔しないで済みます。基本的に喪主が遺族代表となって葬儀社と打ち合わせをして、どんなお葬式をするのかプランを決めます。このような基本的なお葬式を一般葬または家族葬(ファミリー葬)と言います。一般葬と家族葬の違いは、スケールの違いです。一般葬は一般の会葬者が100人以上参列しますが、家族葬は身内・友人だけの参列です。参加する人数が違うだけで、葬儀内容は読経とお焼香で、流れもほぼ同じのお葬式です。社会的な立場があり、交友関係が広い人が亡くなった場合は、一般葬のほうが格式があり、多くの人にお別れをしてもらえます。家族葬の場合は、参列する人数が限られます。しかし、遺族にとっては接待をしたり挨拶をしたりする精神的負担が少なくなるのがメリットです。また、葬儀予算を押さえることもできるので、あえて家族葬をする人が座間市でも増えています。